ハワイの交通事情◇知っておかないと大変な決まりごと

ハワイ
スポンサーリンク

ハワイの交通事情とルール

ハワイの空港と交通事情・ルールについて

もう少し詳しく触れてみますね。

ワイキキにはどうやって行こうかな、車中はきっとワクワクしている事かと思います。

でも、ここで少しハワイでのルールについてもお伝え致します。

現地に入ればもちろんそこのルールに従わなくてはなりませんからぜひご覧になって下さいね。

 

スポンサーリンク

ハワイの交通事情

 

ハワイへの行き方、交通事情について

ハワイへのアクセス

日本からの直行便はほとんどホノルル到着便となっていますが

ハワイ島とマウイ島、カウアイ島、ラナイ島への直行便が毎日ではありませんが就航されています。

それ以外(モロカイ島)はホノルルを経由して行く事になります。

 

ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)

ホノルルはハワイの玄関口になっています。

2017年4月、ホノルル国際空港からダニエル・K・イノウエ国際空港に正式名称が
変更になりました。

空港では日本人のスタッフも多く駐在されていて言葉に困ることは少ないかと思います。
入国審査時も日本人だとわかると日本語で質問をして下さる方もいらっしゃるくらいです。

質問される内容は旅行の目的、何日間滞在するか、宿泊するホテルはどこか。
以上3つくらいになるかと思います。

ここを通過すればあとは日本で預けた荷物を受け取るだけです。

 

空港からのアクセス

空港からワイキキまでの所要時間は40~50分

以下のような手段があります。

 

◇エアポートシャトル

本数が多く使い勝手が良い。

空港から行きたい場所・ホテルまで運んでくれる乗り合いのシャトルバンです。

スピーディーシャトルは空港で「SPEEDI SHUTTLE」の看板を持った係員が立っていますので

声をかければ誘導してくれます。

他、催行会社や旅行会社などからも日本から事前予約が出来ます。

だいたい一人片道15ドル~17ドルくらいです。

 

◇ザ・バス

ワイキキまでは2.75ドルとかなり安いです。

しかし大きな荷物は持ち込めないので実は旅行者には不向きです。

もちろん、ボストンバッグなど膝に載る程度なら大丈夫なので荷物の少ない人向け。

 

◇タクシー

目的地まで直行で行けるので楽ちんです。

・チャーリータクシー

・シティタクシー

などがあります。

特にチャーリータクシーはワイキキまで29ドル(1台につき4名まで)とお得です。

日本からも予約が可能なので事前に済ませておくと当日余裕をもって行動できるかと思います。

空港到着後、公衆電話から電話をすれば待ち合わせ場所を教えてくれ迎えに来てくれます。

シティタクシーは40~50ドル(1台につき4名まで)タクシー乗り場で利用出来ます。

 

◇レンタカー

レンタカーは当然借りてしてしまえば自分たちの空間になりますしどこへ行くのも自由

コンドミニアムに泊まる予定ならレンタカーを借りて食材などの調達には大変便利

日本でもおなじみのドンキホーテやコストコに寄って買い物するのがおすすめ!

現地でも予約可能です。

レンタカーにも日本語のナビが付いているものもありますが日本のように丁寧な作りではありませんのでスマホの海外対応ナビの方が使いやすいかと思います。

車両は日本とは逆の右側通行なので慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。

 

ハワイのきまりごと

 

ハワイにも決まり事がありますので見ておいて下さいね。

子供に関するルール

子供を一人にしてはいけません

ハワイでは12歳以下の子供には必ず付き添いの保護者が必要になります。

子供を放置して危険な状態にさせてしまう事は禁じられています。
必ず子供のそばに親がいないといけないという事です。

例えば、ショッピングセンターなどで子供をおもちゃのお店で遊ばせておいて親が別のお店を見に行って子供から離れてしまうのもだめです。

言う事をきかない子供と叩いたりする(たとえ軽くでも)行為も避けた方がいいと思います。

トイレやビーチでの着替えについても男子はお父さん、女子はお母さんが付き添いをする事をおすめします。

信号機・横断・歩きスマホについて

 

道路横断について

横断歩道以外の道路を横断する事は禁止されています。
また赤信号で渡ったり、点滅が始まったら渡る事は禁止です。

しかし信号が無い場合は基本的に歩行者が優先となり渡ることが出来ますが安全の為しっかり左右の確認を怠らないで下さいね。

 

歩きスマホについて

道路横断中にスマートフォンなどの電子機器(ノートPC・デジカメ・ゲーム機などもそれにあたります)使用する事を禁止された条例が2017年7月に施行されました。

その原因の1つにポケモンGOなどが影響があるようです。
確かに夢中になりすぎて回りが見えなくなってしまいますよね。

 

タイトルとURLをコピーしました