ジャニーズJr. 「年齢制限」悪いことばかりではない

home02 ジャニーズ
スポンサーリンク

ジャニーズ事務所から発表になった年齢制限は悪い事ばかりではない
多様な未来を見出すことが出来る権利と自身の選択が重要です。

スポンサーリンク

満22歳までの年齢制限

1月16日にジャニーズ事務所から「ジャニーズJr.の制度を改定する」と発表した。

それは「一定の年齢制限を設ける」ということで、満22歳到達後の最初の3月31日までにその後の活動継続について事務所と合意に至らない場合は同日をもって同事務所での活動は終了になるという。

新制度は準備期間を経て、2023年3月31日から適用されるらしい。

ここが大事

このような恵まれた環境であるが故に、一般的に人生の岐路と言われる年齢を迎えたジャニーズJr.が、適切な進路を決定し難くなっているのではないか、ということも同時に懸念されるようになってまいりました」と問題点を提示しています。

 

昔のジャニーズはだいたい20歳を過ぎると事務所を移る方々が多かったようです。
長い年月を要して事務所に籍を置く方も多くなかったといいます。

もちろん当時は関西ジャニーズもなかったわけですし今のようにこれほどの人数も多くなかったと思います。

デビューできないまま、ある一定の年齢を過ぎると確かにその年齢でまだジュニア?と世間から見られ、そして仮に30歳過ぎて退所した場合などの再就職は少々難しくなってしまうかもしれない、それを考えるとこの制度は悪くないように思います。

 

これからは制度創設時の信念を守り原型を保ちながら「ジャニーズJr.の活動は、アイドル・タレントとしてデビューを目指すことが大前提であるという基本に改めて立ち返ると同時に、個人の適切な進路決定の確保といった観点からも、ジャニーズJr.の活動において、一定の年齢制限を設けることといたしました」と制度の一部改定という結論に達したということです。

なお、この制度が適用される時点で22歳以上のメンバーが所属するグループおよび一部の個人については、すでにジャニーズJr.としての活動継続についてジャニーズ事務所と合意しているとのこと。

 

在籍の間にチャンスが掴めるかそうでないかは、実力もそうですが運やタイミングもあるかと思います。どれだけ役を勝ち取っていけるか、自分の個性を活かせるか。ですよね。

自分の将来は自分で

改定後について事務所側は「この新たな年齢制限に関わる制度を導入したことにより、不本意ながらジャニーズJr.としての活動を継続することが叶わないメンバーが出てくる可能性があります。

ジャニーズJr.に在籍してよかった』と思っていただけるような時間を共に過ごしてまいりたいと考えております」としている。

キレイにまとめた文章になっていますが現実はもっと厳しそうです。
がんばるしかないですが、これからより一層気合が入る事になるでしょう。

まとめ

事実上リストラという言葉で記事を書かれているサイトもあると思いますが
決してそのような意味ではないはず。

事務所ではいろいろな勉強やパフォーマンス・ダンスも教えてもらえていたわけです。
決して無駄な事ではありません、そこでデビューが叶わなかったという事だけですよね。

そして早め早めの判断は決して悪い事ではないと思います。それを機にしっかり考えて自分の将来を決めていく。もちろん他の事務所は移るという手段もありです。

彼らのこれからの将来を応援していきたいです。

タイトルとURLをコピーしました