滝澤夏央の実家は新潟県上越市!小柄な遊撃手でドラ育成2位-西武ライオンズ

プロ野球
スポンサーリンク

 

滝澤夏央選手は2021年ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから育成2位指名を受けました。

実家は新潟県上越市です。

身長164cmと小柄ですが北信越地区のナンバーワンと言われるほどの瞬足

遊撃手での守備範囲の広さとスローイングの正確性を持ち合わせ期待されています!

滝澤夏央の読み方は「たきざわ なつお」です。

 

【支度金と年棒】
・支度金 350万円
・年棒 280万円
・背番号126

 

2022年5月13日 支配下契約を締結されました!

背番号は「126」から「62」へ変更

この日、5月13日 西武vs楽天戦にて

ショートでスタメン2番でデビューを果たしました。

4打数2安打という好成績

初安打と2塁から一気にホームに生還し

初得点までマークしました!

おめでとうございます!

 

スポンサーリンク

滝澤夏央の実家は新潟県上越市

滝澤夏央選手の実家は新潟県上越市です。

地元上越市の城西中学校、関根学園高校出身です!
中学校・高校通して全て上越市ということはすごいですよね。

上越市では滝澤夏央選手のプロ入りを大変喜んでおり応援しています。

 

西武ライオンズ入団の滝澤夏央さん 関根学園後輩に決意誓う! | ニュース | 上越妙高タウン情報
プロ野球チーム埼玉西武ライオンズに入団する関根学園高校野球部3年の滝澤夏央さんが23日、最後の部活動に参加し、部員から激励を受けるとともにプロへの決意を伝えました。滝澤さんは今年秋のプロ野球「ドラフト会議」で、埼玉西武ライオンズから育成枠2位の指名を受けました。今月上旬には東京で入団会見に出席し、ユニフォーム姿を披露し...

 

滝澤夏央の出身中学・高校・経歴

二人のお兄さんを持つ横澤選手はその影響なのか物心ついた頃から白球を握っていたようです。

そのため幼い頃からの遊びは主に野球で小1にならないと入部できない野球チーム「三郷タイフーン」に入部し保育園時代から野球を開始しています。

 

中学

上越市立城西中学校

1年生の春からレギュラー入りして、身長164センチと小柄ながらこの夏の県大会では、チームの大黒柱として攻守ともに活躍、準々決勝進出に貢献しました。

 

高校

関根学園高校

滝澤選手と5つ違いの一番上の兄・拓人さんが同校2年時に遊撃手として出場した14年夏の決勝でのこと、

日本文理に2-4で逆転サヨナラ負けしてしまった兄の悔しさを目の当たりした滝澤選手はこの高校入学を決断したそうです。

1年生春より背番号4でベンチ入り、夏には背番号6を背負い活躍。

しかし北信越大会のあと1勝すればセンバツ出場が濃厚となる準決勝というところで駿河期比との対戦、延長10回にエラーが絡み逆転負けを期してしまい甲子園出場にはならなかった。

そして将来については夢を叶えるため、プロ野球志願届を提出しました。

 

スポンサーリンク

滝澤夏央は西武ライオンズより育成2位

滝澤夏央選手は2021年ドラフト会議にて埼玉西武ライオンズより育成2位の指名を受けました。

滝澤選手は「守備には自信があるので将来はゴールデングラブ賞を目指したい」とプロでの目標を語っています。

西武の鈴木スカウトは「小柄だが身体能力が高い、令和の牛若丸になる」と期待を込めています。

小柄な体形で活躍されている現在のプロ野球界では2名いらっしゃるようで、
オリックス・福田周平選手が167cm、DeNA・柴田竜拓選手が167cmということです。

 


【ライオンズ新入団発表会より】

 

余談ですが1985年阪神を日本一に導いた吉田義男監督が現役時代に「牛若丸」と呼ばれていたことは有名で小柄ながら華麗で機敏な守備でファンを魅了していたようです。

滝澤夏央のプロフィール

 

名前:滝澤夏央(たきざわ なつお)

生年月日:2003年8月13日

身長/体重:164cm 65kg

出身地:新潟県上越市

出身校:城西中学校-関根学園高校

投・打:右投げ左打ち

ポジション:内野手

まとめ

滝澤夏央選手は身長164cmと小柄な選手だったのですね。

その小柄な体形を活かした素早い動きの二塁、三遊間守備も拝見してみたいです!

活躍を期待し応援してます。

 

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

 

 

タイトルとURLをコピーしました