バレンタイン◇渡し方・片想いから両想い へ意識させる方法

季節のイベント
スポンサーリンク

2月14日といえばバレンタインデーですね。
日本では女性から男性にチョコレートを贈る日ということで
すっかり定着してしまいました。
そのバレンタインデーについて分析し積極的に行動できるように
お手伝い出来たらと思います。

スポンサーリンク

バレンタインの由来

バレンタインとは人の名前

3世紀のローマ帝国皇帝のクラウディウス2世は、強兵策の一つとして兵士たちの結婚を禁止していました。これに反対したキリスト教のバレンタイン司祭は、命令に反し内緒で多くの兵士たちを結婚させていましたが、皇帝に知られ処刑されてしまいます。

当初の聖バレンタインデーは司祭の死を悼む宗教的行事でしたが、春の訪れを告げるこの季節は愛の告白にぴったりであったことから、14世紀頃から若い人たちが愛の告白をしたり、プロポーズの贈り物をする日になったともいわれています。

この殉教の日が西暦270年の2月14日で、バレンタイン司祭は「聖バレンタイン」として敬われるようになり、この日をローマカトリック教会では祭日としたそうです。

日本では、神戸のチョコレート会社が「バレンタインデーには愛する人にチョコレートを贈って愛を伝えましょう」とアピールしたのが最初でそれ以降、チョコレート会社がこぞって「この日は女性から男性へ愛を告白する日」と謳い、ハート形のチョコレートを発売しはじめました。

海外では男性からプレゼントする国も

海外では、男性から女性にプレゼントを贈るスタイルが主流になっているようです。

アメリカでは男性が女性に気持ちを伝える絶好のチャンスの日とされていて、バラの花束と一緒にチョコレートやジュエリーやディナーなどをプレゼントします。

フランスでは「恋人たちのお祭りの日」とされ、男性から女性にチョコレートや想いを込めたカード、花束などをプレゼントします。「あなたを愛します」という花言葉を持つ真っ赤なバラの花を贈るのが定番のようです。

韓国のバレンタインは日本と同じく、女性が男性に想い込めたをチョコレートに託して告白する重要な日となっていて、男性にとってはチョコレートをもらえるかもらえないのかとドキドキするイベントとなっています

贈り方

本命のチョコと義理チョコの違いはかなり曖昧ですが、好きな人にはバレンタインデーにチョコを渡したほうが絶対にいいです。

片想い

バレンタインは年に1度、好きな人に告白出来るという便利な日です。

片想いだからこそ、チョコレートは必ず渡した方がいいです。
断られたらどうしようとか思いとどまっている場合ではありません。

まずは行動しないとはじまりません
ほとんどの男性は女性からのチョコを待っています。

まわりをよく見渡してみて下さい、バレンタイン当日の男性はソワソワしていませんか?
女性からモテたいという男性特有のプライドもありますし、好きかどうか感情は別としても好意を受け取る嬉しさと、男性同士チョコの数を競う競争心から貰うこと自体は迷惑とは決して思いません。

また、特に中高生男子の中にはチョコ嫌いをアピールしてくる場合も少なくありません。
チョコをもらえる自信がなく、もらえなかったらプライドが傷つくためでしょう。
嫌いと公言してしまえば、ちょっと硬派でかっこよく見える上に、プライドも守られるからです。
そんな時でもチョコは渡した方がいいです。気になるなら一緒にお煎餅等を付けるといいかもしれませんね。

片想いの場合の渡し方

義理チョコだと思われないようある程度高価なチョコを選び、「感謝」「重くない程度の愛情」匂わせて渡せば、相手は「嬉しい」と思ってくれる可能性が圧倒的に高いかと思います。

少しでも好きな人に自分を意識してもらうきっかけになるように、チョコは渡したほうがいいです。

◇渡し方

・手紙やカードをつける
・ラッピングを綺麗にする
・チョコを渡したあとに、笑ってごまかしたりしない

真剣に渡さないと義理チョコなのかと勘違いされてしまいます。
特に同級生や会社の同僚などは気をつけましょう。
呼び出しをして直接渡す事が一番効果的です。
しかしそれが無理なら学生の場合は机の中(平日限定)がおすすめ。
できれば2月14日に渡すこと。

好意が伝わっていそうな相手又は、恋愛進行中

当たり前かもしれませんが当然ながらチョコを渡しましょう。
渡さない事で逆に本当は自分に気がないのかと勘違いされてしまいがち。
男性は必ず好きな女性からはチョコレートを欲しいと思っているからです。

当然、これは恋人や夫にも当てはまります。
結婚しちゃったんだから、チョコはもういいかな?
なんてそんな事はありません! 夫婦円満を目指すならぜひ!

おすすめのチョコレート

本命チョコと義理チョコの違い

本命チョコとは、バレンタインデーに女性が彼氏や夫、あるいは片思いの相手に贈るチョコレートのことです。

それに対して義理チョコとは、職場の同僚や学校の友人など、恋愛感情を伴わない相手に日頃の感謝を込めて贈るチョコレートのことを指します。

本命チョコの特徴として、有名ブランドのものや、手作りのものなど、普通のスーパーでは買えないような特別な品をプレゼントする傾向があります。

逆に安価なものだったり、あるいは大勢の人に同じものを配っていたり、ラッピングが簡素であったりすると義理チョコにあたるようです。

数年前からは友チョコとして女の子同士で贈りあったりする人も増えていますよね。

本命へのおすすめチョコレート

◇高級チョコ

見た目も美しく、宝石のように箱に詰められた高級なチョコレートは、ひと目で「特別なチョコレート」であることがわかるのでおすすめ。

◇ブランドチョコ

男性の中には、チョコレートのブランドについて、詳しくない方もいらっしゃいます。しかし、チョコレートについて詳しく知らない男性でも、例えば「GODIVA」なら知っているという方も一定数います。知名度の高いブランドのチョコレートは、「自分のために選んでくれた」という気持ちが伝わりやすいです。

◇お酒・フルーツ入りチョコ

お酒やフルーツの入ったチョコレートはデザインがお洒落で大人っぽく、甘すぎない味わいのものが多く、年上の方や甘いものが苦手な男性に贈るのにもおすすめです。

◇手作りチョコ

想いが伝わっている人へはおすすめですがそうでない人へは出来れば市販のチョコの方が無難かもしれません。もちろんチョコ作りに自信があっていつも喜ばれている方はいいかもしれませんね。

ラッピング

・レースペーパーを使用します。お菓子を入れた袋や箱に、レースペーパーをかけるだけで可愛さがかなりアップします。レースペーパーはお菓子の土台にしても良いです。

・タグを使用します。袋の口に結びつけるだけで、おしゃれに変身します。色や紙質で雰囲気を変えることもできてアレンジの幅も広いです。

・シールやテープを使用します。可愛いシールやマスキングテープを貼るだけで、シンプルな袋や箱が断然に可愛くなりますよ。

まとめ

いかがでしょうか?

バレンタインの由来からご紹介いたしましたが国によって少しずつ違っていますよね。でも基本は愛する人にプレゼント(チョコを含む)を贈る日なんです。

1年に1度の一大イベントのバレンタインですが
告白したい人にとってはとても大切で良い日なはずです。
恋愛が成就出来ますように。

タイトルとURLをコピーしました