山田遥楓の実家は佐賀市!難聴や嫁と子供は?西武ライオンズ

プロ野球
スポンサーリンク

 

埼玉西武ライオンズの山田遥楓選手の実家は佐賀県佐賀市です。

地元佐賀市の鍋島中学校で「藤本ベースボールクラブ」に所属

佐賀県立佐賀工業高校で活躍し2015年に埼玉西武ライオンズに入団しました。

 

幼少3歳で先天性難聴が発覚しましたが

優しいご両親・家族に見守られ野球を続けてきたようです。

そんな山田遥楓選手についてご紹介致します。

 

スポンサーリンク

山田遥楓の実家は佐賀県佐賀市

山田遥楓選手の実家は佐賀県佐賀市です。

小学校2年生の時に兄の影響で野球を始めました。

佐賀市の鍋島中学2年の時に「藤本ベースボールクラブ」に所属。

オリックスバファローズの堤裕貴選手もこちらの出身です。

 

佐賀県立佐賀工業高校に進学し1年生でレギュラーとして活躍

3年生で主将に抜擢されました。

ショートとピッチャーを経験、甲子園出場経験は無し。

 

そして2014年10月のドラフト会議で埼玉西武ライオンズより5位の指名を受け

契約金2500万円、年俸600万円で合意し入団。

背番号52

 

 

登場曲では、はなわさんの「佐賀県」を選ばれています。

その歌詞と音楽に思わず笑ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。

スカパー!プロ野球セット

 

山田遥楓の難聴について

山田遥楓選手は3歳の時に右耳が先天性の難聴であることがわかりました。

お父さんにスーパーに連れられて行った時のこと

「呼んでもあまり振り向かずキョロキョロしていたのでおかしい」

と思ったそうです。

病院で検査してもらうと右耳は聴力が全く無いということがわかったそうです。

お母さんも聞こえている方も何かの事故で聞こえなくなったら

という不安が常にあったそうです。

スポーツにはケガや事故がつきものなのでかなり心配だったかと思います。

 

当然右側から話しかけられると全く聞こえないか聞きづらいということです。

補聴器を使用してもかすかに聞こえる程度で

野球をプレーする時のそのほとんどは視覚に頼っているとのことです。

スポンサーリンク

山田遥楓のお嫁さんについて

山田遥楓選手のお嫁さんは6歳年上の一般女性です。

皆藤愛子さんに似たキュートな女性ということです。

アスリートフードマイスターとフードアナリストの資格を持っていてお料理はお得意!

山田選手は特にお手製のオムライスがお好きとの事。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

山田 遥楓(@yamadaharuka52)がシェアした投稿

 

山田遥楓の子供について

山田遥楓選手のお子さんは現在、息子さんがお一人のようです。

インスタの情報によると2020年の5月に誕生しています。

画像や動画も投稿されており、とても可愛いです。

すごく癒されますよー!

山田遥楓選手は家族プライベートや野球の画像を載せていきたいとの事です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

山田 遥楓(@yamadaharuka52)がシェアした投稿

山田遥楓選手のインスタ

山田遥楓のプロフィール

 

登録名/本名:     山田 遥楓(やまだ はるか)

生年月日:1996年9月30日

身長/体重:180cm 84kg

出身地:佐賀県佐賀市

投打:右投げ/右打ち

経歴:佐賀工高-埼玉西武(5位 ’15~)

出身中学:佐賀市立鍋島中学校

野球を始めたきっかけ:兄がやっていた

影響を受けた選手:松田宣浩選手

登場曲:佐賀県/はなわ

スリル/布袋寅泰

 

まとめ

山田遥楓選手は佐賀県佐賀市出身

・3歳で先天性難聴であることが発覚
・小2の時にお兄さんの影響で野球を始める
・鍋島中学2年の時に「藤本ベースボールクラブ」に所属
・佐賀県立佐賀工業高校では1年からレギュラー、3年で主将
・2015年に埼玉西武ライオンズに入団
・2019年に6つ年上の皆藤愛子さん似の一般の人と結婚
・2020年に長男誕生

これからも頑張って下さいね!

 

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

 

タイトルとURLをコピーしました