渡邉勇太朗の出身は羽生市でドラ2位!大谷翔平に似てるって本当?西武ライオンズ

プロ野球
スポンサーリンク

 

渡邉勇太朗選手の出身は羽生市です。

そんな渡邉選手は投球フォームが大谷翔平(エンゼルス)に似ていると言われています。

149キロのストレートと多彩な変化球が特徴の選手ですが

投球フォームが大谷翔平選手にとても似ているという事です!

そんな渡邉選手は2018年ドラフト会議で西武より2位の指名を受け

その後の交渉により契約金600万円、年棒7000万円で合意しました。

 

スポンサーリンク

渡邉勇太朗の出身は埼玉県羽生市

 

渡邉選手の出身は羽生市で実家は造園業を営んでいるということです。

実家の家業を継いでいこうと考えていたこともあったようです。

西武ライオンズに入団したことによりご両親にとっては

少し複雑だったかもしれませんね。

 

そして渡邉選手が入団した年に羽生市が西武ライオンズのフレンドリーシティ

になったことで、より縁を感じて嬉しかったとの事です。

 

西武ライオンズのフレンドリーシティとは

埼玉県中心として西武ライオンズと連携協力に関する基本協定を締結している市町のことです。

現在37市町と締結しています。

 

渡邉勇太朗は大谷翔平に似てる?

 

以前から憧れていた大谷翔平さんのフォームを参考に

練習を重ねていたことにより自然と体にしみついてきたようです!

大谷翔平さんと言えば軸足を垂直に構え

右足を大きく上げ上半身との角度が約90度のサイドハンドスローです。

それがそっくりだと言われているようです!

 

 

当時はこのようなつぶやきをされてる方が

たくさんいらっしゃったみたいです。

そして入団選手発表会の時にも大谷翔平さんのものまねをして

まわりを盛り上げたようですね。

渡邉勇太朗の経歴

 

小学校1年生の時にお兄さんの影響を受け野球を始めます。

そして4年生の時にピッチャーとして確立。

2011年(当時小5)には第3回東武鉄道杯本線沿線・東京埼玉少年野球大会に

羽生市代表手小林ブラッグスとして出場しました。

 

羽生市立東中学校

ピッチャーとして2年生の夏には埼玉県大会で優勝し関東大会へ出場。

中学3年には185センチとかなり身長が伸びて球速は最速133キロを記録しました。

 

浦和学院高校

1年秋からベンチ入り。リリーフとして横浜戦で2回0封の好結果を残します。

2年生秋の埼玉大会で142キロを計測、しかし市川越に敗れ8強で敗退。

3年生夏の県大会で最速146キロを記録しプロから注目を受けるようになり

甲子園では全て先発、2回戦、3回戦では自己最速の149キロを記録。

 

2018年ドラフト会議で西武より2位の指名を受け

入団しました!

そして2020年6月9日1軍デビューを果たしました。

 

 

試合は引き分けとなってしまいましたが

3イニングス無失点に抑えました!

 

渡邉勇太朗のプロフィール

 

yuuwatana

登録名/本名:渡邉 勇太朗(わたなべ ゆうたろう)

生年月日:2000年9月21日

身長/体重:191cm 91kg

出身地:埼玉県

投打:右投げ右打ち

経歴:浦和学院高-埼玉西武(2位 2019~)

出身中学:羽生市立東中学校

野球を始めた時期:小学1年生

野球を始めたきっかけ:父、兄が野球をしていたから

影響を受けた選手:大谷翔平選手

思い出に残っている試合:甲子園で完封した試合

セールスポイント:強いストレート

プロ野球選手として心がけていること:練習の取り組み方

ライバル選手:先発投手全員

ファンの皆さまへ一言  : チームの為に精一杯がんばります。

 

 

まとめ

 

2020年6月9日に無事1軍デビューを果たしました。

試合は引き分けで勝ち投手にはなれませんでしたが

3イニングス無失点と良い結果の残してくれました!

これからも、活躍を期待しています!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました