古賀悠斗は強肩で実家は筑紫野市!出身の中学・高校は?ドラ3位-西武ライオンズ

プロ野球
スポンサーリンク

 

古賀悠斗選手は2021年ドラフト会議にて埼玉西武ライオンズより3位の指名を受けました。

送球力と肩の強さを武器とした大学屈指の捕手の古賀悠斗選手はアピールポイントは当然肩ということで「目標は森選手、盗めるところは盗んで自分の力に変えたい。」「1年目から即戦力として勝負していきたい。」と意気込みを語っています!

守備力も打撃力も素晴らしい選手ですので活躍がとても楽しみですね。

そんな古賀悠斗選手の実家は福岡県筑紫野市で市立筑山中学校出身です。

古賀悠斗選手について高校と大学、経歴についてもエピソードとともにご紹介致します。

スポンサーリンク

古賀悠斗の実家は福岡県筑紫野市

古賀悠斗選手の実家は福岡県筑紫野市です。

筑紫野小学校2年生時、全筑紫BBC(オール筑紫ベースボールクラブ)に所属し野球をはじめ内野手として活躍していたようです。6年生時には九州大会で優勝をしています。

筑紫野市では古賀悠斗選手の活躍をずっと応援しているようです。それに古賀悠斗選手も応えようと高校3年生時にインタビューも受け応えています。

スポンサーリンク

古賀悠斗の出身中学・高校・大学と経歴

中学

筑紫市立筑山中学校

中学校に入学してもそのまま全筑紫BBCに所属し内野手(特に遊撃手)として活躍していまいしたがピッチャーとしても最速136キロを記録しました。

更に野球の練習だけでなく、農業者トレーニングセンターにて筋力トレーニングにも励んでいました。

高校

福岡大学附属大濠高等学校

将来のことを考え福岡大学附属大濠高等学校に入学。

1年生夏からベンチ入りしました。毎朝7:30の練習をするために5:30には起床してがんばっていたそうです。

2年秋から遊撃手から捕手にコンバート、捕手の経験が短かったがその配球と観察力は群を抜いた。そして準々決勝では連投が続いたエース三浦投手の代わりにマウンドに立ち、高校では投手としての練習はしていないにもかかわらず3回を無四球と2つの三振を奪った。

3年のセンバツではベスト8まで進出したが敗戦。

U-18代表に選出され、第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップに正捕手として出場し、3位入賞に貢献しました。

一番感謝している人について古賀悠斗選手は「お母さん」と答えています。
栄養面や体調管理など誰よりもサポートしてくれる人には感謝に気持ちを忘れない古賀悠斗選手です。

卒業後はプロ入りしたい気持ちもあったが周りの勧めもあり中央大学進学を決めます。

大学

中央大学

中央大学に入学、1年春からベンチ入りし代打として出場するが国学院大戦で初安打。
春では打率.341、3本塁打、8打点の活躍を見せ、評価を高めました。

2年生の明治神宮野球大会ではベスト8に進出するも3-7で敗戦。
3年生秋から主将を務めチームを引っ張ります。

4年生春にベストナインに受賞。
大学通算65試合、打率.243、44安打、4本塁打、20打点。

古賀悠斗は西武ライオンズより2021年ドラ3位!

古賀悠斗選手は2021年ドラフト会議にて埼玉西武ライオンズより3位の指名を受けました。

竹下潤担当スカウトと前田俊郎担当チーフスカウトに指名を受け、西武一筋でがんばりたい!と意気込みを語り、期待を寄せられたアマチュアNo.1捕手と竹下氏より太鼓判、いうことです!


提供:中央大学

古賀悠斗選手が福岡大濠高時代にバッテリーを組んだ三浦銀二(法政大)はDeNAからドラフト4位の指名を受けています。

セパに分かれましたがどこかで対戦!ということが将来的にありそうですよね。

古賀悠斗のプロフィール

名前:古賀悠斗(こが ゆうと)

生年月日:1999年9月10日

身長・体重:174cm 79kg

投打:右投右打

学部:法学部政治学科

経歴:筑紫野市立筑山中学校-福岡大学附属大濠高等学校-中央大学

ポジション:捕手 スローイングタイム1.8秒〜1.9秒台の強肩

まとめ

埼玉西武ライオンズよりドラフト3位の指名を受けた古賀悠斗選手

強肩に打撃に今からとても活躍が楽しみです!

これからも情報が入り次第更新致します。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

 

タイトルとURLをコピーしました