入江陵介はイケメンで実家は天王寺区!出身の高校と大学はどこ?

スポーツ
スポンサーリンク

 

入江陵介さんはイケメンなスイマーですよね!

何を着ても何をやってもイケメンです。

端正な顔立ちとあの肉体美、まさに水泳界の王子様です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryosuke Irie(@ryosuke_irie)がシェアした投稿

入江さんはロンドンオリンピックで背泳ぎの銀・銅メダルリストです!

実家は大阪市天王寺区ということです。

地元天王寺の小・中学校を卒業しているようです。

高校・大学は近畿大学を卒業しています。

今回、東京五輪の出場が内定しています!

東京五輪 結果
競泳男子200m背泳ぎ 7位

 

スポンサーリンク

入江陵介はイケメン!

 

イケメンアスリートランキングにもしっかりと入っている

そんな入江陵介さんですがイケメンなのに彼女の噂がないので

ないのはオネエなのかとか、いろいろな噂が出ています。

これもイケメンならではの噂ですよね。

入江さんから見れば大きなお世話っていうことになりますが。

でも、やっぱりファンだったら余計に気になりますよね。

それだけ注目されているという証拠なんでしょう。

 

EPOCHの表紙になりました!

拝見しましたがとてもカッコよかったです。

入江陵介の実家は大阪市天王寺区

入江さんの実家は大阪市天王寺区です。

実家は入江さんのお父さんが生花店を経営しているそうです。

通っていた幼稚園~中学までは地元天王寺区なのでおそらく有望です。

 

リオ五輪の頃には「リオ五輪入江選手を応援する会」が

発足されとても賑わっていました。

リオ五輪では100m背泳ぎ7位、200m背泳ぎ8位

4×100mリレー5位とメダルを獲得にならず。

入江陵介の経歴・中学・高校・大学

 

小学校・中学校

大阪市立天王寺小学校
大阪市立天王寺中学校

入江さんは、0歳児(ベビースイミング)から水泳をはじめたそうです。

お兄さんとお姉さんも水泳を習っていたことで

いつの間にか自身も水泳を始めていたということのようです。

お母さんの希望からピアノも習い始めました。

中学時代は水泳とピアノを同時に続けていたようです。

中学卒業の頃には100m、200m背泳ぎで日本中学記録を樹立しました。

 

高校

近畿大学附属高校

この時も水泳とピアノ、同時に続けていてどちらの道にすすんでも

今まで築いてきた道が生かされますが入江さんは水泳を選びました。

成績もかなり良くオール5だったとか。

ご自身で「自分は完璧主義」と公言していました。

高校1年の高校総体200m背泳ぎに優勝。

高校2年のドーハ行われたアジア大会では男子200m背泳ぎで優勝しました。

 

大学

近畿大学 法学部

こちらは高校からの内部入学をされているようです。

他にもいろいろな大学からスカウトをされていたようですが

今の状態を保ちたいとの事で近畿大学を選んだとのこと。

2008年4月北京オリンピック出場が内定。

2008年8月に北京オリンピック男子200m背泳ぎで5位に入賞。

入江陵介の家族構成

入江さんの家族は父(智英さん)母(久美子さん)

6つ年上の姉(南緒さん)3つ年上(晋平さん)の5人家族

入江さんは末っ子のようですね。

お父さんは入江さんのスイミングスクールの送迎をされていたようです。

入江陵介のプロフィール

名前:入江陵介(いりえりょうすけ)

生年月日:1990年1月24日

血液型:A型

出身地:大阪府大阪市天王寺

身長:178cm

イトマン東進所属

 

まとめ

入江さんは水泳だけでなく、ピアノもお得意だったんですね。

ピアノの道にすすむことも出来たようですが
(お母さんはさみしかったようです)

水泳の道を選んだ入江さん。

東京五輪での活躍を期待したいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました