野口啓代の実家は龍ケ崎市の牧場!家族構成と中学と高校は?【スポーツクライミング】

スポーツ
スポンサーリンク

 

野口啓代選手の実家は茨城県龍ケ崎市の野口牧場です。

その実家には野口啓代選手のお父さんが作られた

ボルダリングの壁が作られているそうです。

野口啓代選手の素晴らしい記録はこちらの実家で練習の賜物なんですね!

 

地元龍ヶ崎市の八原小学校・城ノ内中学校と

牛久市の東洋大牛久高校を卒業しています。

野口啓代選手は東京五輪スポーツクライミング女子複合の出場が内定しています。

 

スポンサーリンク

野口啓代さん実家は茨城県龍ケ崎市の牧場

野口啓代選手の実家は茨城県龍ヶ崎市です。

お父様が牧場(野口牧場)を営んでいます。

実家にはお父様が手掛けたボルダリングの練習用の壁を設置。

そこで野口啓代選手は小学校5年生の時にボルダリングに

出会ってからずっと練習に励んでいたということです。

 

しかし現在ではその実家に新たに野口啓代選手の所属するTeam au(KDDI)が

スピード、ボルダリング、リードの3種目の壁を建設しました。

 

野口啓代選手によって別名「虎の穴」だと報告されたこの壁。

実は行動認識AIも導入されているということです。

 

そして地元龍ヶ崎市で野口啓代選手は「子育てたつのこアクション」

スペシャルサポーターに任命されました。

 

野口啓代の家族構成

野口啓代選手の家族はお父さん、お母さん、弟、妹の5人です。

お父さんは牧場を経営していましたが現在は閉鎖をしているようです。

しかしこちらのクライミングウォールは地元でもかなり有名です。

松岡修造さんもこちらを訪れたようですね!

野口啓代の経歴・小学校・中学校・高校

小学校

龍ヶ崎市立八原小学校

小学校5年生の時に家族旅行で行ったグアムで

フリークライミングに出会いはじめました。

そしてわずか1年後には「全日本ユース」を制覇しました。

 

中学校

龍ヶ崎市立城ノ内中学校

龍ヶ崎市の中学に入学

クライミングジムとお父さんが手掛けた練習用の壁でずっと練習に励んでいたようです。

そして地元茨城の東洋大学付属高校に入学を決めます。

 

高校

東洋大牛久高校

 

大学

東洋大学 ライフデザイン学部

お母さんのすすめで東洋大学にすすむことになります。

クライマーだけでやっていけるか収入面でも心配があった為

悩んだ末にその意向を受け止め入学。

 

しかし2008年(大学2年生)に日本人女性として「ボルダリング ワールドカップ」初優勝

これを機にどうしてもプロのクライマーとしてすすみたいという事で

東洋大学中退を決意します。

そしてワールドカップ優勝も通算21勝という快挙を成し遂げます。

 

野口啓代のリボンがかわいい

世界選手権では「赤にこだわりたい」ということで

勝負アイテム・赤いリボンをつけるそうです。

赤いリボンのポニーテールがトレードマークとなっていて

集中力を上げる必需アイテムだそうです。

 

 

野口啓代のプロフィール

名前:野口啓代(のぐちあきよ)

生年月日:1989年5月30日

出身:茨城県龍ケ崎市

身長:165cm

所属:TEAM au

ワールドカップボルダリング総合優勝4回
14、16年世界選手権ボルダリング銅メダル
18年世界選手権ボルダリング銀メダル
18年アジア大会複合金メダル
19年世界選手権複合2位

まとめ

野口啓代選手はクライミングをはじめたころから

優しい家族に支えられ恵まれた環境でやってこられたんですね!

そして素晴らしい記録をも残されています。

東京五輪スポーツクライミング女子複合出場!

おめでとうございます!

 

タイトルとURLをコピーしました