仲三河優太の出身中学校は?小山ボーイズ時代から超有名!西武ライオンズ

baseball01 プロ野球
スポンサーリンク

 

仲三河優太選手は2021年ドラフト7位で西武に入団しました。

出身中学は太平中学校「小山ボーイズ」に所属時にTV出演していました!

すごいですよね!

名前の読み方は「なかみがわ ゆうた」です。

背番号は「66」

トンカツが大好きなピッチャー出身の外野手です

振り切るスイングで強い打球を弾き返すその持前の打撃センスで活躍を期待されています!

スポンサーリンク

仲三河優太について

yutanaka02

2020年ドラフト会議で西武ライオンズから7位指名を受けました。

入団交渉では、契約金1500万円年俸600万円(金額推定)背番号66で合意。

 

大阪桐蔭高校では投手として活躍していましたが、3年生の時に野手へ転向・専念。

持ち前の打撃センスを発揮して、高校通算11本塁打を放っています。

 

経歴

栃木県栃木市生まれ。

 

小学・中学校時代

大平東小学校

2年時から軟式野球を始めます。

大平中学校

「小山ボーイズ」でプレーし、投手として当時の最速は139キロ。

中学3年生の時に春と夏の全国大会とジャイアンツカップでいずれも準優勝しています。

U15代表では投手で17年11月のアジアチャレンジマッチに出場しました。

炎の体育会TVで活躍

 

山ボーイズ時代にはなんと炎の体育会TVに

ピッチャーとして出演していました!

 

 

高校時代

大阪桐蔭高校

1年生時6月の招待試合から1軍ベンチ入り。

大手前高松戦に救援として登板し、6K、3回完全の好投でデビューを飾る。

2年生の大阪決勝の履正社戦で右越え3ランを含む4安打5打点の大活躍。

 

3年生の夏の予選前に足の指に怪我を負ってしまい8月の交流戦には代打として出場。

7回ウラ先頭で同点の足がかかりとなった左安打を放ち、4対2逆転での東海大相模の撃破に貢献した。

高校時代は野球部内で大のトンカツ好きで一番の大食いを誇っていたそうです。

 

お母さんと西武のコーチとのつながり

仲三河選手のお母さんは西武の小関竜也外野守備走塁コーチと

同じ栃木県内の中学校だったそうです。

 

仲三河優太のプロフィール

yutanaka01

登録名/本名:仲三河 優太(なかみがわ ゆうた)

生年月日:2002年10月22日

身長・体重          180cm   90kg

出身地:栃木県

投打:右投げ左打ち

経歴:大阪桐蔭高-埼玉西武(7位 ‘21~)

出身中学:栃木市立大平中学校

野球を始めた時期:小学2年生

野球を始めたきっかけ:兄の影響

影響を受けた選手:イチロー選手

 

座右の銘:弱気を相手を強気にさせる

自分の性格:内なる闘志を持ち負けず嫌い

対戦してみたい選手:山本投手(Bs)

今後の目標:ホームラン王

恵まれた体格から鋭い打球を放つルーキー外野手。大阪桐蔭高では投手として活躍するも、3年時に野手へ専念。持ち前の打撃センスを発揮し、高校通算11本塁打を放った。まずは体力強化に励み、将来の一軍デビューに備える。

 

 

まとめ

 

仲三河優太選手は中学校時代に炎の体育会TVで出演されていたんですね!

小さい頃から大活躍だったとは!

これからも、もっと活躍を期待しています。

 

タイトルとURLをコピーしました